2015年4月から牛乳やヨーグルトなど乳製品が値上げ

2015年4月から牛乳やヨーグルトなどの乳製品の取引価格が値上げされます。

すでに明治や森永乳業は値上げを発表していましたが、2月5日に雪印メグミルクも4月出荷分から値上げすることを発表しました。

乳製品は無名メーカーの商品を買う

雪印メグミルク牛乳は、1リットル箱が現在270円ですが、4月からは280円に値上げされます。また、ヨーグルトのナチュレ恵megumiが400グラム箱で、235円から240円へ引き上げです。

牛乳類の値上げは、結構痛いですね。

まったく乳製品のお世話になっていないという方もいるでしょうが、多くの家庭では牛乳、チーズ、バター、ヨーグルトなどの乳製品を口にする機会が多いと思います。

チーズ

値上げの影響を少しでも小さくするためには、できるだけ安売りしているときに買うというのが定番です。

でも、それ以外に牛乳だと大手メーカーではなく、中小の無名メーカーの製品を買うことで節約になります。例えば、牛乳だと、大手メーカーの小売価格と比較すると10%~20%程度は安くで購入できます。

チーズやバターなどの加工食品も、大手と比較すると中小のメーカーの方が安い傾向にありますね。

チーズなんかは、メーカーによって味に違いがありますが、牛乳だと大差ありません。なので、わざわざ値段の高い大手メーカーの牛乳を買う理由は見当たりません。

また、中小のメーカーの牛乳は、地元の工場で製造されていることが多いので、地域の経済を活性化させるためにも、地元の牛乳を飲むのが良いでしょう。

ヨーグルトは自作する

また、乳製品に関しては牛乳を購入すれば自作することもできます。

例えばヨーグルト。

非常に簡単に自作できます。誰でも自家製ヨーグルトを作れるので、普段、ヨーグルトを食べる習慣がある方は試してみてください。チーズなんかも検索すれば作り方を紹介しているホームページやブログがたくさんあるので、挑戦すると良いですね。

牛乳や乳製品の値上げは痛手ですが、工夫次第で今までよりも食費を節約することは可能です。折り込みチラシのチェック、無名メーカーの牛乳を買う、手作りなど、節約手段はいろいろとあるので、できる範囲で試すと良いでしょう。

それにしても、このところ食品の値上げが増えていますね。一度、価格が上がった商品はなかなか値下げしないのも困ります。