フィリップスのシェーバーの替刃を購入。肌に優しいから剃刀負けしにくい。

2018年7月28日

私は髭を剃る時、フィリップスの回転式3枚刃のシェーバーを使用しています。AT926という機種で、確か2013年発売ですから、もう家電量販店では取り扱っていないと思います。

私のAT926は、使い始めてちょうど2年が経過したところです。フィリップスの回転式3枚刃の寿命は2年なので、そろそろ歯の交換時期ということで替刃を購入しました。

シェーバーの替刃は高価

フィリップスに限らず、男性の髭剃り用のシェーバーの替刃は高価です。下手をすると、替刃を買うより新品のシェーバーを買った方が安くなるくらいです。

だから、シェーバーを使っている男性は、替刃を交換することなく新しいシェーバーを買う方も多いですよね。私も、新しいシェーバーを買おうかと考えたのですが、現在使っているフィリップスのAT926を非常に気に入っているので替刃を購入して、これまで通り使い続けることにしました。

HQ9/51

AT926用の替刃は、HQ9/51です。

いつも利用している家電量販店での店頭価格が約5,500円でした。この値段を見ると、安いシェーバーに買い替えるべきか迷いますよね。

今回は、割引クーポンを持っていたので最終的に約4,700円で替刃を買うことができました。それでも、ネットショップでは約4,400円で販売されているので若干高いですね。

替刃は、まだ取り付けていません。AT926は歯の寿命が来るとランプが光って知らせてくれます。私のAT926は、まだランプが光らないので、もうしばらくは使えるみたいです。切れ味が悪くなったと感じないので、このまま使い続けても大丈夫でしょう。ちなみに下の写真が私が使用しているAT926です。

AT926

フィリップスのシェーバーの歯の寿命は、毎日使って2年なのだと思います。私は、2日に1回の頻度で髭を剃っていますので、実質的には1年しか使用していないのと同じなのかもしれませんね。そうだとすると、替刃の交換はあと2年後になるのでしょうか?

フィリップスのシェーバーがおすすめの理由

私は、これまでに国内メーカーの往復式の歯が搭載されているシェーバーを数台使った経験があります。これらのシェーバーは、替刃を交換することなく使うのをやめたのですが、フィリップスの回転式3枚刃のシェーバーは、替刃を交換しながら使い続けたいと思っています。

それだけフィリップスの回転式3枚刃のシェーバーが気に入っているのです。

とにかく肌に優しい

フィリップスの回転式3枚刃のシェーバーで、最も気に入っている点は、とにかく肌に優しいところです。

安全カミソリはシェーバーよりも肌への負担が強いので、髭を剃った後にひりひりします。だから、肌が弱い男性は安全カミソリよりもシェーバーを使うのがおすすめです。

シェーバーでも、フィリップス以外のメーカーが製造している往復式の機種は肌への負担が強めです。安全カミソリほどではないですが、ちょっと力を入れてしまうと、剃刀負けすることがあります。でも、フィリップスの回転式3枚刃のシェーバーは、ちょっと力を入れただけでは剃刀負けしません。それどころか、ひりひりする感覚も全くと言っていいほどないですね。

音が静か

シェーバーは、使っている時のウィーンという音がうるさいのですが、フィリップスの回転式3枚刃のシェーバーは、音がとても小さいです。あまりの静かさに髭が剃れているのか心配になるくらいです。でも、心配ありません。髭はしっかりと剃れています。

剃り残しが少ない

往復式のシェーバーは、頬から顎にかけてのラインに生えている髭を剃るのが難しいです。スムーズに剃れているように思えるのですが、剃り終った後、顎から頬を触ると剃り残しが多いです。

フィリップスの回転式3枚刃のシェーバーは、往復式のシェーバーと比較して、剃り残しが少ないですね。往復式のシェーバーでも、機種によっては剃り残しなくきれいに剃れるのかもしれませんが、過去にそのような往復式のシェーバーに出会ったことはありません。

一見すると、回転式3枚刃のシェーバーは、面積が広いことから細かい部分は剃りにくいのかと思ってしまいますが、実際に使ってみると、どの部分の髭も万遍なく剃れます。これまで、特定の部位だけ剃り残しがあるという経験をした方なら、フィリップスの回転式3枚刃のシェーバーを使えば、きっと違いがわかると思います。

ただ、フィリップスの回転式3枚刃のシェーバーは、初めて使った時、うまく剃れません。慣れてくれば、上手にシェービングできるようになります。コツは、円を描くようにシェーバーを動かすことです。

鼻の下が剃りにくいのが難点

とにかく剃り心地の良いフィリップスの回転式3枚刃のシェーバーですが、欠点もあります。

それは、面積が広すぎるので、鼻と口の間の髭を剃りにくいことです。この部分だけは、なかなかきれいに剃れないですね。3枚ある歯のうち、1枚を使って剃っていますが、面積が狭い鼻の下を円を描くようにシェーバーを動かすのは難しいです。

あと、深剃りも得意ではないです。私がこれまで使ったことのある往復式のシェーバーよりは深く剃れる感じですが、安全カミソリ並みの深剃りを望むことはできません。肌に優しいシェーバーですから、深剃りは苦手なのでしょうね。

 

多少欠点はありますが、トータル評価では、フィリップスの回転式3枚刃のシェーバーが他メーカーのシェーバーよりも扱いやすいので気に入ってます。今使ってるAT926が壊れた後も、フィリップスの回転式3枚刃のシェーバーを買うと思います。特に肌が弱い方におすすめですよ。メーカー保証が2年なのも助かります。

 

AT926の替刃を購入してすぐに本体が故障し使えなくなりました。5000シリーズなら互換性があるのでAT926の替刃の使用が可能です。また、ATシリーズも形状が同じですから替刃の互換性があります。