手間なくできる節約をしなかった時の後悔は大きい


先日、電車に乗って出かけたのですが、その時、切符の買い方を失敗してしまいました。

失敗したと言っても、ただ普通に自動券売機で切符を買って乗車しただけなのですが、これが失敗だったのです。もっと交通費を節約できる方法を知っていたのに何も考えずに切符を買ってしまったので後悔しています。

損した金額は少ないけども後悔は大きい

交通費を節約できる方法は、電車の1日乗車券を購入するといった簡単なことだったのです。

もしも、1日乗車券の存在を知らなかったら後悔することはなかったですし、後日、1日乗車券が販売されていることを知ったとしても、当時は知らなかったのだから後悔はしません。

でも、事前に1日乗車券を買えば節約できることを知っていたのにうっかり普通に乗車券を購入したから、とても後悔しています。節約できただろう金額は150円ほどと大したことないのですが、何の手間もなくできた節約をしなかったことに自分自身が腹立たしいです。

10円

過ぎたことは仕方ないので、今後は注意したいですね。

また、金額が大したことないですから、これくらいでイライラしているのも良いことではありません。次回は失敗しないようにします。

1日待てば5%オフだったのに

同じような失敗は他にもあります。

それほど頻繁に利用するわけではないドラッグストアでの買物だったのですが、1日待てば5%オフの日だったのに我慢できずに買い物をしてしまいました。買った商品は必要な物だったのですが、今すぐに買わなければならないものではありませんでした。でも、翌日にそのドラッグストアに行くかどうかわからないと思い、1日早く買い物をしてしまいました。

しかし、翌日もそのドラッグストアの近くに行く用事があったので、その時に買い物をすれば良かったと後から気づいた次第です。これも、できるはずだった節約なので後悔しています。

 

電車もドラッグストアも、大して損はしていないのですが、大きな買い物をする時にこういった失敗をしてしまうと結構な金額の損となってしまいます。特に何の手間もなく安くで買える方法を知っているのにそれをせず、無駄な出費が発生すると、気分が悪くなりますから精神的にも良くありません。

こういう失敗をしないためには、買物の前に節約できる方法がないかをちょっとでも考える癖をつけた方が良いですね。