マイネオの申込みにはクレジットカードが必要

マイネオに限らず、格安SIMに申込む場合、クレジットカードが必要になります。

毎月の通信費をクレジットカードで支払うためです。なので、申し込み時にカード情報を入力しなければなりませんし、それ以前にクレジットカードを持っていない場合には、まずクレジットカードを作っておかないとマイネオを利用できません。

年会費無料のクレジットカードで問題なし

マイネオの申し込み時に必要なクレジットカードは、基本的にどこのクレジットカードでも問題ありません。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、AMEX、ダイナースクラブならどのクレジットカードでも使えます。国内だと、この5つの国際ブランドのクレジットカードが主流ですから、マイネオの申込みで使えないクレジットカードはほとんどないでしょう。

もしも、まだクレジットカードを持っていないのであれば、年会費無料のクレジットカードを作っておけば良いです。格安SIMに申し込みをする人は、通信費を節約したい方だと思います。なので、クレジットカードも年会費がかからないものがおすすめです。

口座振替を利用できる場合もある

マイネオの支払いはクレジットカードが基本ですが、実は口座振替で支払う方法もあります。実際に私も口座振替での支払いを利用しています。

ただし、口座振替は誰でも利用できるわけではありません。

口座振替を利用できるのは、現在、eo光ネットを契約していて口座振替を利用している場合です。なので、eo光ネットを契約していない方は口座振替を利用できません。

しかし、私はeo光ネットも契約してませんが口座振替で通信費を支払っています。なぜそんなことができるかと言うと、マイネオに申し込む前にその前身のサービスであるeoモバイルを契約していて、口座振替で通信費を支払っていたからです。eoモバイルの前は、64Kbpsの通信速度のeo64エアというサービスを使ってましたから、ケイオプティコムには随分長くお世話になっています。

結局、マイネオに申し込むためには、これまでにeoネットのサービスを利用していない限りは、クレジットカード払いを選択できないということですね。

端末同時購入の場合はカード払いがお得

口座振替でもカード払いでも、大した違いはありませんから、あまり意識する必要はありません。

ただ、マイネオの申込みと同時に端末も購入する場合は、カード払いの方がお得です。

Aterm MR05LN

なぜなら、クレジットカードを利用するとカード会社からポイントがもらえるからです。ポイント還元率は、0.5%~1.0%が主流ですから、1万円の端末を購入すれば50円~100円分のポイントがもらえますし、もっと高額な端末であれば、さらに多くのポイントがもらえます。

毎月の通信費をカード払いにしてもポイントがもらえますから、むしろ、積極的にポイントを貯めたいのであれば口座振替が利用できる場合でもカード払いにするのがおすすめです。

マイネオ関連記事